このエントリーをはてなブックマークに追加

SIXPAD ArmBeltの効果体験レビュー|シックスパッド アームベルトで腕痩せできるのか?

SIXPAD ArmBelt(シックスパッド アームベルト)といえば、腕の筋肉をEMSの電気刺激で効果的に鍛える事ができるという腕専用EMSトレーニングギア
二の腕のプルプルが気になる人や、腕のチカラコブをムキッとさせたいという人には待望のEMSですね。
ということで、このSIXPAD ArmBelt(シックスパッド アームベルト)を、僕が、早速、体験したのでレビュー報告いたします。

SIXPAD ArmBeltを腕に巻いて今から効果体験レビュースタートです。

<<SIXPAD Arm Beltの詳細をチェック>>

sixpadArmの468バナー


【SIXPAD ArmBelt(シックスパッド アームベルト)の概要】

商品名:SIXPAD Arm Beltシックスパッド アームベルト

「セット内容」

・アームベルト本体1台/台紙1枚/アームベルト高電導ジェルシート2枚/クリアケース1枚/固定バンド2本/保護カバー1個/ACアダプター1個/取扱説明書(保証書付き)1冊

・サイズ:約167×149mm

・材質:本体:シリコーンゴム、ABS 、PET、エラストマー、導電性銀・カーボンインク、(角カン部:ポリカーボネート)/
台紙:PET、PP、紙/高電導ジェルシート:アクリル系ポリマー

・本体重量:約70g

シックスパッドのアームベルトを箱から出してみました

SIXPAD ArmBelt(シックスパッド アームベルト)は、腕の前や後ろの筋肉(上腕二頭筋、上腕三頭筋)を集中的に鍛える腕専用のSIXPADです。

従来からあるSIXPADで腕を鍛える場合は、V字にパッドのついた”SIXPAD BodyFit(ボディフィット)”でした。

SIXPAD ArmBelt(シックスパッド アームベルト)は、まだ発売されたばかりで、一定期間使用して時系列でそのまま見てもらうような記録では、日が浅くてお伝えすることができませんので、僕が、これまでSIXPAD で腕を鍛えるときに使用していたSIXPAD BodyFit(ボディフィット)と今回、体験してみたSIXPAD Arm Belt(シックスパッド アームベルト)との比較で感じた事をお伝えしたいと思います。

ボディフィットを昨年2016年にしていたのを2017年にご報告し比較しています。

そもそもですが、その僕がこれまで使用してきたSIXPAD BodyFit(ボディフィット)というのは、腕はもとより、太ももやお腹の側面の筋肉も鍛えられるようになっているもので、柔軟性がありますが、腕だけをもっと集中的に鍛えようと思うと、もっとこうして欲しい・ああして欲しいということがどうしても出てきます。その”して欲しい”事が、腕だけを専門に鍛えることを目的とした今回のSIXPAD Arm Belt(シックスパッド アームベルト)で叶ったと言う感じです。

どういうところが?というと、まず、なんといってもパッドの形です。

SIXPAD BodyFitは広角で横に開いたようなV字形にパットが付いている感じで、腕に使用したときのホールド間は問題ないのですが、刺激を与える面をもっと腕の筋肉の形に沿っていたら尚良いのにと感じることがありましたが、今回新たに登場した腕専用SIXPADのArmBeltは、まさにそれです。

シックスパッド アームベルトのパッドの形はこんなです。


腕にピタッと巻きつきやすい横並びのパット形状になっていて、腕に装着して使用した際に、チカラコブの部分(上腕二等筋)でも後ろの二の腕(上腕三等筋)につけた時でも、腕への刺激が、よりダイレクトに伝わってきて、はがれにくく、ズレにくいと感じます。刺激に関しては、そもそも今回のSIXPADの新シリーズは、少しレベルや刺激の強度が上がってますから、尚一層、そう感じてしまうのかもですが、いずれにしても腕トレとしては、満足度アップです。

そして、もう1点!

何が便利になったかというと、他の体の部位を同時に鍛えたい時に、新シリーズのSIXPAD(LegBeltやAbsBelt、BodyFit2やAbsFit2)と併用して使用する場合、スマホにシックスパッド専用アプリをダウンロードして使えば、いちいち其々のSIXPADのオンオフはじめとした操作を個別にしなくても、一元で操作設定管理できるようになった点です。

これね、操作の手間なんて・・・って、思うかもですが、実際、毎日使ってみられると分かるんですが、一つの操作で複数のSIXPADを制御出来るって、本当に便利なんです。

毎日続けるって、いかに小さな面倒でも無くすか?がポイントになってきたりするんですよね。

ところで、肝心の比較実感としてズバリどうなのよ?って事ですが、正直、腕の筋肉だけみれば、言わずもがなで、腕専用に特化している今回のSIXPAD ArmBelt(シックスパッド アームベルト)は、さらに上だと感じます。

もちろん、誤解ないように申しますが、だからと言って従来のものが悪いということではないです。他の部位も鍛えたい場合でシンプル操作がいいなら、従来のSIXPAD BodyFitがおすすめですし、IoTで、複数の箇所で柔軟に制御して使いたいなら、SIXPAD BodyFit2がおすすめだったりもします。

あとは、あなたの使用目的や好み次第かなと思います。

腕専用のアームベルトで二の腕のぷにぷにも退治しちゃいます 

因みにですが、腕を細くしたい引き締めたい!という腕痩せ目的のようなことを前提としてSIXPAD Arm Belt(シックスパッド アームベルト)で結果を求めていく場合、SIXPADの役割は、あくまでも腕の筋トレの代用ですのっで、通常のダイエットをする時のように、併せて適度な食事の節制と軽いウォーキングなどの有酸素運動を行ってあげるのが、より効率的かと思います。

他方、最近までの僕のように、腕の筋肉をもっとつけたいとかという目的で使用する場合は、SIXPADと併せて筋肉に必要な栄養をしっかり摂って上げるのが大事になってくるかと思います。

もちろん、加齢で筋肉が衰えたからなんとかしたい!とか、運動不足でちょっとタルンデキタからと言う場合は、純粋にSIXPAD Arm Belt(シックスパッド アームベルト)だけを一日1回、23分使用するだけでも良いと思います。

ともあれ、これからの時期は、腕の露出度が自然とあがる服装の夏に向かう季節ですから、腕が気になっている人、是非とも一度、お試しあれです。

おすすめです!!
↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

<<SIXPAD Arm Beltの詳細をチェック>>

sixpadArmの468バナー


MTG公式通販なら、1年品質保証で、送料・代引き手数料無料!!




2017-05-03 04:53 : Arm Belt :
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIXPAD LegBelt 効果体験レビュー|新商品のレッグベルトで脚痩せ・太もも痩せの効果ある?

SIXPADの新商品でLegBeltレッグベルト)と言えば、脚の内側や外側、後ろの部位の筋トレに特化した、いわゆる太もも専用のEMSトレーニングギアです。
下半身の太ももだけが太くて細くしたい!とか、逆に足の筋肉をしっかり鍛えたい!とかと言う人、これは注目ですよ。
早速、僕がこのSIXPAD Leg Beltを試してきたのでご報告したいと思います。

太い太ももでシックスパッドレッグベルトの効果をチェック 

<<SIXPAD Leg Beltの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー



【LegBelt(レッグベルト)の概要】

・脚(大腿四頭筋、内転筋、ハムストリング)を集中的に鍛える脚専用のSIXPAD。

・ボタン電池交換不要の充電式(約5時間の充電で、30回の使用が可能)で使用時はコードレス。

・薄さ約3mm。軽くて、柔軟性の高いソフトシリコンを使用し、身体の曲線に沿ってくれる。

・Bluetoothを搭載。スマートフォンのアプリケーションとの連動が可能になった。

・電気を均一で高精度に身体へ伝えることが可能な専用の高電導ジェルシートを採用。

・レベル20段階あり、1回23分。

※さらに詳しい事は、公式サイトでご確認ください。
legbeltを箱から出しているところですよ。 


<<SIXPAD Leg Beltの詳細をチェック>>



これまでのSIXPAD(シックスパッド)で、脚痩せ目的や、脚の筋力アップで、脚の太ももの筋肉を鍛えたいと言う場合は、腕も太もももお腹の側面も鍛えられるBodyFitでトレーニングしてましたね。
もちろん、BodyFitでも出来ますし、その後継ともいうべき最新のBodyFit2で、今でも十分鍛える事はできます。

実際、そのBodyFitで、僕もこれまで太ももや足を鍛えてきたのですから。

では、今回新しく発売されたSIXPAD LegBelt(レッグベルト)は、BodyFitとどう違うのか?ですよね。

もちろん、既にあなたもご存知のように、新モデルのSIXPADは、共通してスマホで一元管理できたりの違いはありますが、大きな違いは、一言で言えば、太ももを鍛えるために特化したEMSの電気刺激を伝えるパッドの形が、BodyFitのV字形状から、横並びのパッド形状になって、太ももにより特化した形状で刺激を与えられるトレーニングギアになったということです。

V字の形のパッドでも、もちろん脚にフィットはしますが、パッドを太ももに巻きつけた時、斜めの形で貼り付けますので、縦に長く付いている脚(太もも)の筋肉に対してもう少しフラットだったら良かったかも?っていうのを、ドンピシャで解決された感じです。


【SIXPAD LegBelt の効果はどう?】

ところで、太ももが太くて痩せたいと思っている人や、もっと脚の筋肉を鍛えたいと思っている人にとって、じゃー実際、このSIXPAD LegBeltの効果のほどはどうよ?って一番気になるところかと思います。

正直、このLegBeltに関しては、まだ発売されたばかりで、現時点で実際に僕も体験値をつめていませんので、断定的に伝えることはできません。

ただ、先程もお伝えしたとおり、BodyFitでは発売された時から、これまでずっと太ももの筋肉を鍛えたりするのに使用してきましたから、その時に感じた効果との比較としての感想はお伝えできるかもと思います。

それでいうと、最近までは僕自身、BodyFitで筋量アップを目指していたので、今の僕の太ももはムチムチ感がでてしまっていますが、去年、ダイエットの際にSIXPAD BodyFitで試してみた時の結果は、かなり引き締まったと実感していました。

ashi2kagetsu 
※ふくらはぎでの使用は公式のご案内では非推奨箇所です。





今と比べれば分かりやすいかもですが、昨年のBodyFit前は、もっと今より、太ももはムチムチしていたんです。

それを踏まえた今までのBodyFitで感じていた使用感と LegBeltの使用感を比べてみると、刺激レベルの質、太ももへのフィット感(ずれにくく、はがれにくいベルトタイプ)、いずれも上かも?、”流石に脚に特化したEMSだけのことはある”と、正直思いました。

なので、様々な部位が鍛えられ柔軟性のあるBodyFitも優秀ですが、脚を集中的に!!って人には、かなり期待値をもってLegBelt(レッグベルト)はおすすめだなと感じました。


【LegBelt(レッグベルト)で脚痩せを効果的に狙う方法】
SIXPAD Legblet是非お試しください。 





もちろん、脚を細くする場合は、いくらLegBeltレッグベルト)が筋肉に良いアプローチをしてくれるとはいえ、基本は身に着けるトレーニングギア(EMS)、つまり、運動(筋トレ)の代わりに活躍するアイテムですので、それだけでは厳しいと思います。
脚を痩せさせるという目的の場合は、とどのつまり、太ももをダイエットをするということですから、ある程度の食事の節制やウォーキングなどの脂肪を燃やす運動も併用して行ってあげるのが良いかと思います。

逆に、太ももの筋肉をもっとしっかり強化していきたいという人は、LegBelt(レッグベルト)をし、鍛えた脚の筋肉が成長するように筋肉が喜ぶものをしっかり食べてあげるというのが大事に鳴ってくるかと思います。

もちろん、最近、歩く機会が減って・・・とか、足腰がちょっと弱ってきて・・・なんて人、は、純粋にLegBelt(レッグベルト)だけしてあげるのもありだと思います。

太ももに特化したEMSとして優秀だと思いますので、是非、太ももや脚のトレーニングギアをお探しの方は、是非一度、このLegBelt(レッグベルト)をお試しください。


<<SIXPAD Leg Beltの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー


MTG公式通販なら、1年品質保証で、送料・代引き手数料無料!!





2017-05-02 03:04 : Leg belt :
このエントリーをはてなブックマークに追加

新 SIXPAD 効果体験レビュー | AbsFit2 BodyFit2 AbsBelt ArmBelt LegBeltの新モデルが凄い!

SIXPAD(Abs Fit 2・Body Fit 2・Abs Belt・Arm Belt・Leg Belt)のモデルが登場しましたが、その効果の程はどうなのか?はたまた初代のSIXPADに比べて、使いやすい?使いにくいなど気になりますよね。
そこで、シックスパッド大好きヘビーユーザの僕が早速、体験してきたご報告を本日もお伝えしたいと思います。

新SIXPADを装着して3日目の効果体験報告

<<新モデルのSIXPADの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー



昨日から、TVCMでも、腹筋バキバキの胸も足も筋肉隆々で無駄な脂肪のない美しくバランスの取れた体をもつクリスティアーノ・ロナウド選手が、今回新しく登場したSIXPADという電気刺激で筋肉を鍛えるトレーニングギアを身に着けてトレーニングしているところが流されていますよね。

本当にかっこいいですし、夏にあんな体になれたらなぁ~なんて思ってしまいますよね。
ということで、このMTGから発売されたばかりの新SIXPAD(シックスパッド)をさらに詳しくご報告です。


【 - 新SIXPAD(シックスパッド)の種類 - 】

Abs Fit2(アブズフィット2)・・・腹筋を集中的に鍛える初代SIXPADのニューバージョン。

Body Fit2(ボディフィット2)・・・ウェスト、腕、太ももなどを鍛えるSIXPADのニューバージョン。

Abs Belt(アブズベルト)・・・腹筋も側筋も併せて、お腹周りを効率的に鍛えるSIXPAD。

Arm Belt(アームベルト)・・・腕を集中的に鍛えることに特化したSIXPAD。

Leg Belt(レッグベルト)・・・脚を集中的に鍛えることに特化したSIXPAD。


クリスティアーノロナウド選手のテレビCMでも新シックスパッド登場


【新SIXPAD共通の特徴】

・従来の電池交換式が、充電式になりました。

・今までは、体に複数のSIXPADを装着した場合、個別に電源のオンオフ操作をしなければならなかったのが、専用のアプリをスマホにダウロードして使うことで、最大6つのSIXPADの操作をスマホで一元管理操作できます。また、23分間のSIXPADプログラムにおいて残り時間の確認やアドバイス、どれくらいのレベルと時間でSIXPADを続けているかなどまでチェックできるようになっています。
新SIXPADはスマホから一元操作を管理できます。アプリをダウンロードです。

・SIXPADのジェルシートを貼る部分が分かりやすいようにラインやジェルシートの中心位置表示がされていたりで、ジェルシートの交換がしやすくなりました。

・電気刺激が少しパワーアップし、レベルも20まであります。

・さらに軽量化にこだわっています。


新SIXPADは厚さわずか3mmでとても軽いんです



・装着した時のSIXPADの角のエッジ部分がソフトになって痛くないようになっています。

・緑と赤の2色のLEDで表示され、充電中か否かが分かりやすくなっています。

・服の下にSIXPADをつけた時、やや小さくて気づかない事があったプログラム終了時にお知らせされる時やエラー時の時に鳴るブザー音などがも少し大きくなりました。

・SIXPADの使用を意識したHMBサプリが登場しました。

sixpadのHMBサプリメント


【個別の特徴と違い】

Abs Fit2(アブズフィット2)とBody Fit2(ボディフィット2)は、先程お伝えした新SIXPAD共通の特徴にあるような、スマホでの一元操作や細かな仕様変更以外は、基本使い方は、初代と同じです。

また、僕は、これまで発売されてきたSIXPAD Abs Fit(アブズフィット)とBody Fit(ボディフィット)を初代と表現して、あたかも販売終了したかのような表現をしてしまっていますが、これまでのSIXPADも継続販売されます。

63daytop


充電式ではないとはいえ、百均ショップでも買えるマル電池の交換は簡単で、ある意味充電の手間がないというメリットもありますし、何より、スマホなんかのややこしそうな操作は面倒で不要と言う人には、シンプルで使い勝手も良いですからね。そもそもこれまでのSIXPADが新しいものに特別劣るわけでもないですから、そう考えればそれも納得です。


電池9


今回、画期的に大きく変わったのは、やはりAbs Belt(アブズベルト)・Arm Belt(アームベルト)・Leg Belt(レッグベルト)の3つの名前のうしろに”ベルト”がつく新シックスパッドのモデルだと思います。

特にAbs Belt(アブズベルト)は、これまでだと1台のシックスパッドだけではお腹の前と横を鍛えられなかったのを、これ1台でお腹前部を一度に鍛えられる状況を実現したのが画期的です。両方同時に刺激するのはもちろん、前だけとか、側面だけとかも簡単にできます。とにかく、お腹周りを鍛える事に集中したいという人には、かなりおすすめです。

巻いた状態のアブズベルトです


また、Arm Belt(アームベルト)は、これまでBody FitだとV字形状だったパッドの形状位置が、縦列になったことで、より腕を鍛える時(腕の前も後ろも)にフィットして使いやすい形になりました。

Leg Belt(レッグベルト)も同様に、太ももを鍛えるのに刺激を効率的に与えやすいパッドの形状位置になっていますので、脚に特化したEMSになっていますので、とにかく太ももを集中ケアしたいという人におすすめです。

こう言うと、Body Fitもしくは、Body Fit2のようなのは、不要なのでは?と思われる方がいらっしゃるかもですが、そんなこともありません。太もも用や腕用という風に特化した形状でない分、脚でも腕でも、お腹の側面でも使えますので、汎用性が高いというメリットがあります

では、どれが実際僕が試した中のSIXPADでおすすめなのか?というと・・・

このあたりは、皆さんそれぞれの目的や予算に併せて選ばれるものが、おすすめなんだと思います。

SIXPADの機能はどれも優れていることはもとより、実は、そのメリットとデメリットって、それぞれ使う人の目的で違ってきますので、これが一番良いなんてことは言えないんです。

というより、これだけ選べるラインナップがあるというのがユーザにとっての最大のメリットだといえますので、それぞれ、皆さんの希望にあわせたSIXPADを選んでいただけたらと思います。


どのSIXPADがあなた好みか?を兼ねて、是非一度、公式サイトをチェックしてみてください。



↓↓↓新SIXPADの公式サイトはこちら↓↓↓

<<新モデルのSIXPADの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー





2017-05-01 03:53 : 新 SIXPAD :
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIXPAD Abs Belt(アブズベルト) 効果体験口コミレビュー|アブズベルトでお腹周りの筋肉を一気に鍛える!

SIXPAD Abs Belt(アブズベルト)の 効果お試し体験レビューです。
筋肉をEMSテクノロジーで鍛えるトレーニングギアであるSIXPAD(シックスパッド)の新モデルでやはり口コミでも話題になるのは、これ!!


箱に納められたシックスパッドアブズベルト


そう、やはりEMSと言えば、腹筋やお腹のクビレを目指したいですよね。そのお腹周りの筋肉(服直筋・外腹斜筋・内腹斜筋)を一気に鍛えれると話題の新SIXPAD Abs Beltシックスパッド アブズベルト)です。

という訳で、SIXPADな日々で、只今、筋肉量を増やそうとバルクアップ中(これからダイエットをするぞ!)な僕が、早速このAbs Beltアブズベルト)ってどんな感じなのか?を、いち早く、効果お試し体験してきましたので、ご報告いたします。


AbsBeltアブズベルトを私服で装着

<<SIXPAD Abs Beltの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー



SIXPAD Abs Belt(シックスパッド アブズベルト)の特徴!!

SIXPAD Abs Belt(シックスパッド アブズベルト)は、初代のAbs Fit とBody Fitが合体したような、お腹の前も横も一気に鍛えられるベルトタイプになって登場しました。

巻いた状態のアブズベルトです 
 
これ、お腹周りだけを考えた場合、Abs Fit とBody Fitの場合いだと、前と共に両サイド同時にとなるとBody Fitが2つ必要になっていたわけです。

もちろん、それぞれの電源スイッチを個別に操作しないと駄目なので、スタートの長押し時間とレベル調整を個々に設定してからになるので、微妙にスタートと終わる時間がずれてしまって、毎日だと結構な手間でした。もちろん、装着もそれぞれ重ならないように装着しなくちゃ駄目だったのでそれも大変・・・っというか、結局、前をしてから横をと言う具合で別々にする事の方が多かったかもです。

だけど、今回のAbs Beltアブズベルト)の場合、操作は、真ん中のボタンで一撃で、場合によっては、腕や太もものArm Belt(アームベルト)やLeg Belt(レッグベルト)を同時に装着した場合でも、IoT技術なBluetooth搭載なので、スマホに専用アプリをダウンロードしておけば、スマホ操作で一元管理できる優れものです。
アブズベルトもスマホで操作できるんですよ 

装着もマジックテープタイプのベルトなので、ペタッと、つけ貼りで簡単脱着できてしまいます。簡単に付け外しが出来るとはいえ、しっかりとお腹周りをホールドできるので、ずれにくく、はがれないベルト仕様になっています。


シックスパッドのベルトで簡単着脱 


もちろん、ボタン操作の場合でも、両方同時に鍛えるだけじゃなく、前だけ鍛える、横だけ鍛えるとかも簡単にボタン一つで設定出来てしまいます。


Abs Beltの操作ボタンはここサイドとフロントのボタンがあります 


もちろん、コードレスですが、充電式なので電池要らず!!

1回5時間の充電で、約30回使えるそうなので、1回充電しておいたら、毎日1回使ったとして、約1ヶ月そのまま使えることになりますので、手間がないですね。

アブズベルトもコードレスな充電式なので便利です 


また、ベルトのサイズも一枚だとベローンっと長いですが、身体の曲線に沿う薄さ約3mmということなので、とても軽量です。実感としても、見た目の印象を裏切るくらい本当に軽いです。


べローンとながいAbs beltを持ってみました。 

これはあくまでも僕の感想ですが、デザインもかっこよくて、つけていると、なんだか仮面ライダーにでもなったような気分になります。


お腹周りということで、サイズも気になるかと思いますが、SIXPAD Abs Belt(シックスパッド アブズベルト)は、S/M/Lサイズ(ウエスト58~100cm)とLL/3Lサイズ(ウエスト80~120cm)の二つがあります。


Abs Belt(アブズベルト)は、ジェルシートも張りやすい!!

一般的にEMSは、電気刺激で筋肉を鍛えるトレーニングギアなわけです。その為、体に電気刺激を与えるのに水分が必要になるので、EMS器具を使う前にジェルやクリームを体に塗って使うものが大半だったりするわけです。
ところが、シックパッドの場合い、ジェルやクリームをEMS前にわざわざ塗る必要がないんです。

それは、Abs Belt(アブズベルト)はじめ、シックスパッドは、専用の高電導ジェルシートをEMSに貼り付けて使用するようになっているので、そういった事前に何かを体に塗るような事が不要なんです。

アブズベルトのジェルシートも張りやすくて低刺激にしてくれる。 

このシックスパッドの高電導ジェルシートは、低刺激で粘着性や水分吸収性にも優れ、電気抵抗の低減化を実現して低刺激でもあるんです。また、このジェルシートは、シックスパッドの電気を均一で高精度に身体へ伝えることが可能になっている優れものでもあります。

また、Abs Beltはじめ、新しいシックスパッドのモデルは、旧来のモデルよりも、このジェルシートを張る部分が分かりやすくなっているの特徴です。


Abs Belt(アブズベルト)の効果ってどう?

正直、このAbs Belt(アブズベルト)はじめ、SIXPADの新モデルは、発売されたばかりなわけです。なので、これに関しては、まだ、体験レベルなので、これから本格的に試していってご報告していかなければという段階です。

ちょっと前までの僕とシックスパッドです。 

ただ、それでも、初代のシックスパッドを二年近く試し続けて、その効果実感した僕が今感じていることをお伝えすれば、お腹周りに関して言えば、今回のAbs Beltアブズベルト)は、全方位型のベルトタイプなので、ホールドされながら腹筋周りに与えられる刺激は、確実にレベルアップしていると感じています。


Abs Beltでお腹をクビレさせたり腹筋を割るには?

通常、ボヨンっとしたお腹をへこましたり、腹筋を出すには、腹筋やお腹の筋肉を筋トレして鍛えるだけでなく、食事の節制や有酸素運動をして、脂肪を落とす必要があるわけです。

これにAbs Beltの役割を当てはめると良いと考えます。

Abs Beltとは何かといえば、簡単に言うと、”電気刺激で筋肉を鍛えるトレーニング器具”なわけです。
なので、筋トレの代用ととらえると良いかと思います。ならば、冒頭の基本的にお腹をクビレさせたり、シックスパックになる為に必要な基本にあてはめると、腹筋運動に当る筋トレは、Abs Beltで!後は、軽い脂肪を燃やす有酸素運動として、ウォーキングをしてみたり、食事で動いた以上に食べないよう節制すればよいのかと思います。

因みにですが、クリスティアーノ・ロナウド選手の場合は、ケトジェニックレベルでのかなり厳しい糖質制限をしていることで有名ですので、もし、ロナウド選手のようなバキバキ腹筋レベルを目指す場合は、ケトジェニックでの食事コントロールをしながらのSIXPADでのトレーニングが必要になるのかなぁとも思います。

もちろん、忙しくて!とか運動が苦手で!とかで、シックスパッドを使って、特に食事を変えたりしていないけど、お腹周りが少しスッキリしてきたといわれている方もいらっしゃるようなので、それはそれでありなのかなとも思います。

ということで、是非一度、あなたもSIXPAD Abs Beltがどんなか?のより詳しい情報を、公式サイトでチェックしてみてください。


↓↓↓公式サイトはこちらです↓↓↓


<<SIXPAD Abs Beltの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー


※SIXPAD Abs Belt(シックスパッド アブズベルト)は、公式サイトで購入すると1年品質保証送料・代引き手数料無料です。




続きを読む

tag : アブズベルト

2017-04-30 04:29 : Abs Belt :
このエントリーをはてなブックマークに追加

SIXPAD 小島瑠璃子や石川祐希選手さんも|スマホと連携のSIXPAD 新モデルの効果お試し体験!

SIXPAD小島瑠璃子コジルリ)さんや中央大学バレーボール部の石川祐希選手、武智洸史選手、平田亮介選手が発表してたニュース見ましたか?
なんと、本日、MTGさんからSIXPADのスマホと連携し操作できる新モデルが登場しちゃいました。

実は、僕もこの新モデルのシックスパッドを体験させていただいたので、早速、あなたにそのSIXPADの効果の程をお試し体験レビューしてご紹介しちゃいます。
今までのSIXPADも良いですが、新しいのも凄いですよ。どうぞ、ご覧下さい。
topnewsixpad

<<SIXPADの新モデルの詳細をチェック>>


お久しぶりの僕ですが、少し太ったでしょ?一旦、SIXPADで絞ったんですが、実は、もっと筋肉を増やしたいということで、SIXPADな日々を送りつつ、増強目的で増やしちゃったんです。なので、また、これからの季節は、SIXPAD生活で絞って頑張ろうと重っている次第です。・・・と前置きはこれくらいにして、それでは、早速、本題にまいります!!

本日、新しく発売されたSIXPADは、下記の新しい5つのラインナップで登場です。
新しいシックスパッド一覧

Abs Fit 2・・・腹部を集中的に鍛えるSIXPAD

Body Fit 2・・・ウェスト、腕、脚を鍛えるSIXPAD

Abs Belt・・・お腹周りを効率的に鍛えるSIXPAD

Arm Belt・・・腕を集中的に鍛えるSIXPAD

Leg Belt・・・脚を集中的に鍛えるSIXPAD

これら、一体今までとどう違うかというと、刺激が今までのより強くなったり、充電式で電池いらずになったりこまごまとグレードアップしていますが、一番大きな特徴は、現在のモノとインターネットを繋ぐ、いわゆるIoT時代に合わせて、SIXPADにBluetoothを搭載して、スマホと連携できるようになったことです。

具体的には、スマホアプリを使って、これまで複数のSIXPADを体の各部位につけた場合、それぞれスタートボタンなどを押さなければならなかったのがスマホから一度に操作できるようになったんです。つまり、スマホで簡単にSIXPADの操作の一元管理(最大6台まで)ができるって訳です。
僕のようにヘビーなシックスパッドユーザにとって、これは本当に画期的で、便利です。
スマホでシックスパッドを操作できます

このSIXPAD専用のスマホアプリは、SIXPA(シックスパッド)を最大6台リモート操作。23分のトレーニングプログラムの残り時間をチェックできたり、専門家のアドバイスやEMSの使い方、豆知識までチェックできちゃいます。

また、Belt(ベルト)と付く新SIXPADのシリーズでは、今まで、お腹の真ん中と外側を鍛えるとき、それぞれ別々だだったAbs FitとBody Fitが合体したまさにベルト状になったAbs Belt(アブズベルト)は、画期的です。

そして、腕を鍛えるのに特化したArm Belt(アームベルト)や、太ももなどの足を鍛えるのに特化した形状になったLeg Belt(レッグベルト)も使用感向上でこれまたかゆいところに手が届く仕様になっていていいんです!!

っで!!何より、このベルトと名前が付くくらいですから、基本、まいて固定しますが、その着脱はマジックテープのようになっているベルトでするので、ペタッとつけたり、はがしたりするだけでOKです。

でも、ホールドはバッチリです!!

シックスパッドのベルトで簡単着脱



↓↓↓それぞれの新しいSIXPADは、こんな感じです↓↓↓

Abs Fit 2(アブズ フィット2)Body Fit 2(ボディ フィット2)・・・スマホでの一元操作が可能で、電池いらずの充電式。もちろん、使用時はコードレスで軽量。さらに初代より、刺激が強化されてたり、細かいことでは、初代のSIXPAD Abs FitやBody Fitより角のエッジが少しやわらかくなって、これまで見たいに角で今まで見たいな痛みがないです。
ジェルシートも張りやすいようにラインがはっきりしました。ブザー音も、初代より少し大きくなりました。

ジェルシートが張りやすくなったSIXPAD



Abs Belt(アブズベルト)は、お腹のサイドも真ん中も同時に鍛えられるのが何と言っても特徴。
しかも、二つのボタンで真ん中だけ鍛えたり、サイドだけ鍛えたりという切り替えも可能。
マジックテープで簡単に着脱できるベルト式なので、フィット感も良いです。


sixpadアームベルトでしっかりお腹をホールド 

Arm Belt(アームベルト)は、腕を鍛えるときに、これまでのボディ フィットより、腕にフィットし鍛えやすい形状になりました。腕の前も後ろもこれでバッチリです。

シックスパッド アームベルト


Leg Belt(レッグベルト)は、太ももを鍛えるとき、これもボディ フィットに比べて、足の形にフィットして鍛えやすいデザインに変わりました。太ももの前、内側・外側・後ろ側どんとこいです!!気になる太ももは、是非これで退治してやってください。


太ももの内側も外側もバッチリ鍛えるレッグベルト


因みにですが、Body Fitは、Arm BeltやLeg Beltに比べて、足や腕に特化した形ではないですが、その代わりどちらでも使えるという柔軟性があります。このあたりは、どちらが良いというより、使う目的に合わせた個々の好みの問題になるかと思います。

また、Abs Fit 2やBody Fit 2という、Abs Fit とBody Fitの次世代バージョンがでましたが、これまでのAbs Fit とBody Fitも継続して販売されるそうです。
従来のものは、電池式とはいえ、百斤でも売っている丸電池ですから、それはそれで充電時間をとらずすぐ使えると言うメリットもありますし、スマホ操作が面倒だという場合、初代の方が操作がシンプルなのでおすすめだったりもするわけです。

<<SIXPADの新モデルの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー


充電について

新しい、SIXPADの新モデルの充電場所は、共通して、真ん中の操作ボタンのところ(下側)にあります。

シックスパッドの新モデルは充電式

ここにコンセントを繋いで、充電すればOKです。

また、新しいSIXPAD(シックスパッド)では、持ち運びの際に電源部に触れないように、こういう電源をカバーするパッドがついていますので、かばんに入れていたらいつの間にか電源に手やモノがぶつかってスイッチが入ってしまってたってこともなくなります。
電源カバーがついたsixpad

あっ、それと、今回、SIXPAD(シックスパッド)を使う際に併せて摂れる専用のサプリも販売されました。

どんなものかというと・・・ずばり、今話題のHMBサプリです。
sixpadのHMBサプリメント

また、これについて、細かい事は別の機会にお伝えしたいと思いますが、HMBというのは、アミノ酸の一つで、ロイシンの代謝物です。

最近は、スポーツ選手でも、HMBを減量の時の筋分解を抑えたいという目的で摂ったり、筋力アップの時の目的で摂ったりすることがみうけられる栄養補助食品です。
なので、筋トレ器具であるSIXPADにふさわしいサプリなのかと思います。

味は、一般のHMBに比べ、レモン味で美味しいと思います(ほのかな苦味があるかな?程度で僕は好き)。


また、これ以外にも、本日、小島瑠璃子コジルリ)さんがSIXPADとともに、腕やスカートの下に履いていた、つけて生活するだけでトレーニングな日々の加圧タイプのトレーニングスーツが登場しています。

これも、SIXPAD(シックスパッド)をしていない時間に活用すると、相乗効果でいいかもです。

鍛えるトレーニングスーツ  


このあたりも、また、次の機会にレビューさせていただきたいと思います。


ともあれ、新モデルのSIXPAD(シックスパッド)は、凄いですから、一度公式サイトをチェックしてみてください。


<<SIXPADの新モデルの詳細をチェック>>

sixpad2の468バナー



[SIXPAD概略]

SIXPADは、クリスティアーノ・ロナウド選手の筋力トレーニングのメソッドを取り入れMTG社と開発した電気刺激によって筋肉を運動させるテクノロージーの本格EMSトレーニングギアです。
従来、EMSで筋肉をトレーニングできるのに最も良いとされていた20Hzの周波数は、痛みが大きく伴う為、どこのEMSメーカーも採用できませんでしたが、その痛みの問題をMTG社独自の技術で解決し、実現したのが、このSIXPADです。
sixpadを使用することで、いつでもどこでも、読書や家事をしながらでも、トレーニングが可能に!運動が苦手な人にも是非おすすめです。

2017-04-29 04:34 : SIXPAD 小島瑠璃子 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

北江太郎

Author:北江太郎
はじめまして。ロナウド選手のような腹筋になりたい!ということで今話題のSIXPAD【AbsFitとBodyFit】と言うEMSで肉体改造にチャレンジします。どうぞご期待ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

人気ワード

QRコード

QR