このエントリーをはてなブックマークに追加

SIXPADの効果を支える食事1|SIX PAD 効果でEMS腹筋体験評価レビュー8日目

今日は、SIX PAD効果EMS腹筋体験評価レビューの8日目です。

今日は台風11号の影響で、朝から凄い風と時折の凄い雨。

しかし、自宅でもどこでも出来るSIXPAD(AbsFit&BodyFit)に天気の良し悪しは関係ございません。

というわけで、本日もをSIX PADを装着し、SIXPAD(AbsFitBodyFit)の効果体験レビューを開始です。

8daysouchaku

まぁ、お天気や時間のありなしを理由に言い訳ができないところが、このSIX PADの良いところであり、ちょっと辛いところ。

本日もSIX PAD効果体験レビューをするわけですが、まぁ、毎日単純に使い心地を書いても仕方ないですし、単純にSIX PADのマニュアルをしりたいならこちら>>の公式サイトをご覧頂けば済む話ですよね。

ということで、そろそろ僕のインストラクターをしてた時の知識や経験もお伝えしていこうかなと思うところであります。

そこで今回は、SIX PADロナウドのような体を目指す上で大切になる食事のコントロールについて少し、お伝えしていこうと思います。

以前も少しお伝えしましたが、ロナウド選手のように体脂肪が少ない見事な肉体美を目指すには、筋トレと有酸素運動と食事のコントロールが必要ですぉってお伝えしたと思います。

筋トレの部分については、ロナウド選手のトレーニングメソッドが反映されているSIX PADにお任せするとして、有酸素運動については、先日からSIX PADタイムの前にウォーキングを30分することで良しとしました。

ウォーキングです

そのウォーキングについて補足すると、ウォーキングは今日みたいな雨の日はしなくていいです。

体重ありきで絞るなら、毎日でもいいんですが、ある程度ボディラインのおうとつを作るような体の絞り方をする場合、筋肉量はなるべく減らしたくないわけですから、本来は、週に3日程度が理想。

まあ、僕のように、とは言いつつ、この夏に結果をと言う人は、筋量の多少の減少は目を瞑っても有酸素を多めに入れるのもありです。

で!!ここまでは復習です。

ここからが、食事のお話。

その食事についての前に、ダイエットの基本を知っておく必要があります。

ダイエットの基本は、


一日の消費カロリー > 一日の摂取カロリー = 体重減少


これが一丁目一番地です。


逆を言えば、これが逆になっちゃうと、いくらSIX PADを頑張ろうが、有酸素運動を頑張ろうが体重が増えて太っちゃいます。


もちろん、体のバルクアップみたいなことをする場合は体重を増やさないといけませんので、その場合は、カロリーオーバーをすることが大事になってきたりもします。


でも、今回はロナウド選手のように体脂肪が少なく、出るところが出て、腹筋バッキバキを目指すわけですから、一日に摂る栄養が、運動や食事制限で消費し多分より低くしないと駄目なわけです。




<<ロナウドのトレーニングメソッドを採用のSIXPADを詳しく見る>>



ここで、ダイエット法っていろいろとあるわけですが、その際、低糖質ダイエットなら沢山食べれるから、カロリーなんて関係ない!!って言う人がたまにいらっしゃいますが、それは間違いなんです。

確かに、カロリーのみのダイエットの場合よりは、低糖質で高たんぱくな食事は、たんぱく質な食べ物が比較的多く食べれるんですが、それにはちゃんと理由があるんです。

それは、糖質(ご飯や麺類、パンを含めた炭水化物などの意で)や脂質というのは、消化の際に殆どカロリーを使いませんが、お肉類などのたんぱく質は、消化する際もカロリーを使うので、その分のカロリーが引けるということ。

結果、なんでも食べてよいというカロリー制限のダイエットよりも、たんぱく質主体の低糖質ダイエットはカロリーが大目でも大丈夫というわけです。

普通の人はまずまずお腹を膨らせる量食べれるわけですが、それでも、必要以上に食べ過ぎるとたんぱく質といえども脂肪になりえます。

それで、本題にもどしますが、ロナウド選手のような低脂肪な体を目指すダイエットの場合、どういう食事法を選んだらよいか?というと、何でもありの食事制限でなく、今ご説明した低糖質のダイエットが向いているんです。

実際両者でどうちがうか?ですが、とりあえず、一日に摂取するカロリーがオーバーしなければ、とりあえず体重は落ちますが、何でもありの食事でカロリー制限する場合、必ずしも脂肪で落ちるとは限らず、筋肉の分解の割合が多くて体重が減るということが相応にあります。

他方、低糖質でダイエットする場合は、脂肪をメインに落としていくダイエットになりますから、同じ体重が落ちても、体の印象は、全然違います。

もちろん、誤解無いように言えば、体重を落とす以上、低糖質で十分なたんぱく質を摂っていたとしても、多少は筋量がおちます。

しかし、それはカロリー制限で仕上がる体とは同じ体重量が落ちても全然見た目の印象が違うんです。

よくいらっしゃいますよね、10Kg体重が落ちた!!って言っている割に、スケールが小さくなっただけで、体のオウトツは然程なくプニプニ間も相変わらずって人。

つまり、そういうことです。

f5souchaku


スポーツ競技などで、体重制限がありような減量の場合は、質よりも量なので、そういうカロリーありきのダイエットの方が重要になる場合もありますが、今回は、あくまでも体作りなので、低糖質の食事制限をおすすめしますし、僕もそれでいこうと思います。

食事のコントロールの細かい話になると沢山あるので、今日は基本だけお伝えします。

まず、糖質は一日50g以下、できるなら30g以下、たんぱく質は、体重×2g(例えば体重60Kgの人なら120g程度)で、たんぱく質に関しては、一回の摂取で体に蓄積できる量にある程度限界がありますので、1回あたり、20g-30g程度のたんぱく質(ささみなら3本程度)を摂取し、それを何回かにわけて摂る。厳密にするなら、2時間から3時間に一回のペースです。

で、この時に食べるたんぱく質は脂身がないか、もしくは良質の脂質のものを選びます。

例えば、ささみや、皮をはいだ鳥の胸肉、卵や納豆、白身のさかななどです。

それと、糖質を制限する場合は、脂肪を燃やす際に変わりに良質の脂質が必要になりますので、それを摂るようにします。

良質の脂質は、オリーブオイルや魚類、ナッツ類などです。

っとまぁ、基本はこんな感じ。

また、ビタミンやミネラルはしっかりとらないと駄目なので、野菜類は意識して食べましょう。

ただし、根菜は炭水化物で糖を多く含みますので、控えめに。

因みに、糖質ですが、なるべく吸収の遅い糖をとって常にエネルギーとして消費できるほうがいいので、米よりも、発芽米や麦ごはん、ラーメンよりもパスタ、うどんよりもざるそばを選ぶほうが良いです。

例えば、ご飯とかの場合、ご家族で暮らしていたり、一人暮らしの場合、自分だけ別に作ったりできないとか、必要量以上につくったりすると言った問題があるんですが、そういう時は、僕の場合、こういうのを使います。

migi1

百円ローソンで売っている麦ご飯のレトルト。

レンジでチンするだけで、簡単、早いし、これなら自分独りだけの分を作らなくてすみます。

しかもこれ、半分に割れるので制限している場合でもピッタリです。

mugi2

まぁ、こういうのは、百円ローソン以外でも、どこのスーパーでも手に入るので、手軽で便利です。

っということで、そろそろ、本日の結果報告です。

今日の、SIX PAD効果体験結果はこちら

8dayhikaku

お腹のサイドにホンノリのくぼみが出来てきたかな?と言う感じ。

台風でも関係なく、また、明日も頑張ります。

それでは本日は以上です。


■SIXPADについてもっと詳しく知りたい方はこちら
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒SIXPAD公式サイト【入り口へ】>>

fcsixpad468









2015-07-17 02:57 : SIXPAD効果体験レビュー記録 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

北江太郎

Author:北江太郎
はじめまして。ロナウド選手のような腹筋になりたい!ということで今話題のSIXPAD【AbsFitとBodyFit】と言うEMSで肉体改造にチャレンジします。どうぞご期待ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

人気ワード

QRコード

QR